介護の仕事の求人ランキング

介護の仕事の求人なら
ジョブパワーズ!

トップページ

当サイトは介護の仕事の求人を探しているけど、労働条件や給料、将来性など不安もある…という方のために、介護業界の現状や今後の展望を紹介するとともに、より良い条件の職場で働くことができるよう支援してくれる介護の仕事に特化した求人サイトを厳選してランキング形式で紹介しています。

介護の仕事についてこんなイメージをお持ちではありませんか?

・人手不足で労働条件がキツイって聞くけど…
・給料が安いらしいけど、生活はできるのかな…
・将来性はある?キャリアアップできるかな…

他業種から介護業界への転職を考えているけど、イマイチ踏み切れない人と言う人も多いのではないでしょうか。

ここでは、介護の仕事の現状をご紹介します。

◆介護の仕事の労働条件や給与面

労働条件や給与面に関してですが、介護離職ゼロを実現するための政策によって、今後様々な待遇が改善されていくことが期待されます。

高齢者は増えていくのに人口が減っている現状を鑑みても、介護サービスに従事する人材の需要は増えることは確実であり、介護職を担う人の待遇を改善していかないことには、介護離職を余儀なくされる労働者が増えてしまいますので、政府としてもかなり緊急性の高い問題として捉えているのは間違いありません。

◆介護の仕事の将来性

将来性についてですが、残念ながら日本では少子高齢化に拍車がかかっている状態ですので、介護の仕事の求人は引く手あまたの状態が永らく続くことが予想されます。

実際に介護保険制度が開始された平成12年度(2000年度)の介護職員の人数は約55万人でしたが、平成24年度(2012年度)では約149万人と約3倍に増加していると発表されています。

更に同調査において、平成37年度(2025年度)には237万人~249万人もの介護職員が必要になると推測されています。

◆介護の仕事のキャリアアップ

介護職の場合、働いた年数で公的な資格や国家資格の受験資格を得ることができます。資格を取得することにより、資格手当が付くことが一般的ですので給与アップが期待できます。

また、現在無資格であっても無資格取得支援や社外研修費補助を設けている職場もあります。

学歴や年齢、性別に関係なく、他業からの転職でも自分の努力次第でレベルアップが目指せる介護職は、将来性に富んだ仕事と言えると思います。

もしあなたが今働いている職場で、資格を所持しているのに手当がついていないのであれば、転職を考えることをおすすめします。資格とは、技術や経験を裏付けるとても大切なものです。やりがいもとても重要ですが、正しく評価してくれる職場でこそ、自分の力を発揮するべきです。

介護業界への復帰

介護の仕事に今一度復職しようと考えている方の中にはこのような不安を抱いている方はいませんか?

・現場を離れてから大分経っている…
・どんな雰囲気なのかわからないと不安…
・今の職場より条件がいい所で働きたい…

今回ご紹介する4サイトはいずれも介護業界のプロのエージェントがあなたに代わって理想のお仕事を探してくれます。

介護業界というのはやりがいや生きがいを重視しお仕事をされている方が大半かと思います。しかし、環境が合っていなければ続けることは難しいでしょう。

やりがいのあるお仕事を長く続けていくためにも、条件や環境というのはとても重要です。

介護の仕事の求人
\おすすめランキング/

徹底的なお客様目線No.1!
おすすめ度 ★★★★★
登録料・利用料 無料
転職サポートサービス ジョブパワーズエージェントあり(無料)
介護士の求人数 約2,000件※2018年6月
就労形態 正職員、契約職員、パート・アルバイト
介護求人の対応エリア 全国
求人職種

医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士、PT・OT・ST、医療ソーシャルワーカー、管理栄養士/栄養士、登録販売者、看護助手、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、介護支援専門員、相談員、サービス提供責任者、介護職/ヘルパー、サービス管理責任者、生活支援員、児童発達支援管理責任者、児童指導員、福祉用具専門員、介護タクシー・ドライバー、調理師・調理員、事務・受付など

勤務先

デイサービス、特別養護老人ホーム(特養)、有料老人ホーム、グループホーム、訪問介護事業所、病院・クリニック、リハビリ訪問看護ステーション・リハビリ看護センター(リハビリセンター)、介護老人保健施設(老健施設)など

  • 求人登録数2000件以上!
  • 全国対応!

【最短3日で内定】
ジョブパワーズでは、豊富な求人数とエージェントの適格なアドバイスを受けることで最短3日での内定も可能です。

【ジョブパワーズエージェント】
ジョブパワーズでは、現場をよく知る経験豊富なプロ達による転職相談を無料で受け付けています。会社の不満でも今日の愚痴でも何でも気軽にご相談ください。


お友達紹介キャンペーン中!
おすすめ度 ★★★★☆
登録料・利用料 無料
転職サポートサービス 専任コーディネーターあり(無料)
介護士の求人数 非公開
就労形態 正社員、パート
介護求人の対応エリア 東京都
求人職種

機能訓練指導員、サービス提供責任者、生活指導員、計画作成担当者、ケアマネージャーなど

勤務先

デイサービス、訪問介護施設、訪問介護事業所、グループホーム、有料老人ホームなど

  • 最短即日でご紹介!
  • 非公開求人あり!

【非公開求人】
介護求人すぐみつかるナビでは、サイトに掲載していない非公開求人を用意しています。

【お友達紹介キャンペーン】
介護求人すぐみつかるナビでは、紹介して頂いたお友達も介護求人すぐみつかるナビで入社が決まった場合、1万円分のギフト券がプレゼントされるキャンペーンを実施中です。


選ばれ続けて実績No.1!
おすすめ度 ★★★★☆
登録料・利用料 無料
転職サポートサービス 専任エージェントあり(無料)
介護士の求人数 30000件※2018年6月
就労形態 正社員、契約社員、パート
介護求人の対応エリア 全国
求人職種

介護職、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者、オペレーター、管理職(リーダー)、管理職(管理者・施設長)、リハビリ職(理学療法士)、リハビリ職(作業療法士)、看護職など

勤務先

特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、小規模多機能、デイサービス・デイケア、訪問介護、定期巡回・夜間対応、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、訪問入浴、病院・クリニックなど

  • 求人登録数30000件以上!
  • 厚生労働大臣認可サービス!

【非公開レア求人多数】
クリックジョブ介護では、好条件・高待遇の求人やハローワークに掲載されている求人なども紹介しています。

【面接ごとに交通費支給】
クリックジョブ介護では現在、面接ごとに交通費1,000円支給するキャンペーンを実施中です。


情報充実の豊富な求人!
おすすめ度 ★★★★☆
登録料・利用料 無料
転職サポートサービス アドバイザーあり(無料)
介護士の求人数 非公開
就労形態 正社員、契約社員、パート・アルバイト、派遣
介護求人の対応エリア

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、愛知県、福岡県、北海道

求人職種

ヘルパー・介護職、生活相談員、サービス提供責任者、管理職・管理職候補、ケアマネージャーなど

勤務先

デイサービス、訪問介護、グループホーム、小規模多機能型居宅介護、障害者施設、有料老人ホーム(有料)、老人保健施設(老健)、特別養護老人ホーム(特養)など

  • 高時給の派遣サービス!
  • 徹底したアフターサポート!

【様々な希望条件に対応可能】
きらケア介護求人では、サイトには掲載されていない非公開の求人や、施設の雰囲気、評判など、自分ではなかなかでは知ることが難しい情報も充実しています。

【派遣サービス】
きらケア介護求人では、正社員、契約社員、パート以外に、人材派遣サービスも行っており、介護業界での「理想の働き方」を徹底サポートします。

看護師からの転職

看護師免許をお持ちの方で、現場に復帰するのは不安と言う方も多いと聞きます。

折角の資格、そして働きたいけど働けないというのはとても勿体ないことです。

正看護師・准看護師は介護福祉士には行えない医療行為が可能になりますので、介護関連の施設などでは切望されています。

フルタイムが無理でも、アルバイトやパート、日勤のみや夜勤のみといった働き方も可能です。

是非その力を介護業界で発揮してみませんか?

まとめ

当サイトは医療・介護の仕事の求人に特化したサイトを厳選し、ランキング形式で紹介しています。

介護の仕事の求人Q&A

介護の仕事に特化した求人サイトを利用して医療・介護業界への就職・転職を考えているけど、良い求人はあるかな?すぐに仕事は見つかるかな?どんな職場があるのかな?など、様々なご不安を抱えている方も多いかと思います。
ここでは介護の仕事に特化した求人サイトについてや、医療・介護業界に関する疑問・質問をQ&A方式でご紹介します。

Q.無料で利用できますか?

A.できます

介護の仕事に特化した求人サイトは医院や老人施設、介護事業所等から受け取る手数料や、求人広告掲載料によって運営されているため、利用者は全てのサービスを無料で利用することができます。

Q.正社員の募集はありますか?

A.あります

正職員(正社員)、契約職員(契約社員)、パート・アルバイト、派遣といった勤務形態よりお仕事を探すことができます。

Q.募集している職種を具体的に教えてください

A.医療・介護系に関する人材を幅広く募集しています

医師、保健師、看護師、診療放射線技師、PT・OT・ST、管理栄養士/栄養士、看護助手、歯科衛生士、歯科助手、相談員、介護職/ヘルパー、生活支援員、自動相談員、介護タクシー・ドライバー、事務・受付、薬剤師、助産師、臨床検査技師、臨床工学技士、医療ソーシャルワーカー、登録販売者、歯科医師、歯科技工士、介護支援専門員、サービス提供責任者、サービス管理責任者、児童発達支援管理責任者、福祉用具専門員、調理師・調理員など。

Q.日勤のみ・夜勤のみの募集はありますか?

A.あります

日勤のみや夜勤のみなど、条件を絞って検索することが可能です。

Q.どのような施設での求人がありますか?

A.介護を要する人のための施設を中心に様々な施設の求人があります

デイサービス・デイケア、病院・クリニック、居宅介護支援事業所、特別養護老人ホーム(特養)、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、地域包括支援センター、小規模多機能型居宅介護、グループホーム、リハビリ訪問看護ステーション・リハビリ看護センター(リハビリセンター)、介護老人保健施設(老健施設)、定期巡回・夜間対応、訪問入浴、訪問介護、障害者施設などがあります。

Q.未経験・無資格ですがお仕事はありますか?

A.あります

資格のない方や無資格の方でも申し込み可能な求人はたくさんあります。

無資格取得支援や社外研修費補助を設けている職場もありますので、気になる職場が見つかったら各求人サイトのエージェントに相談してみましょう。

Q.介護職に就くにあたり持っていると有利な資格はありますか?

A.あります

自動車運転免許、介護福祉士、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)、介護職員実務者研修(旧ヘルパー1級/基礎研修)、歯科衛生士、正看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、精神保健福祉士、言語聴覚士、社会福祉主事任用資格、薬剤師などの資格を有していると医療・介護系の転職には有利です。

Q.ブランクがあるのですが大丈夫ですか?

A.大丈夫です

各求人サイトいずれもブランク可の求人がたくさんありますので、今のライフスタイルに合ったお仕事探しをおすすめします。

Q.50代ですがお仕事はありますか?

A.あります

20代から60代まで幅広い年齢層のスタッフが活躍しているという職場も多く、年齢不問の募集もたくさんあります。

Q.処遇改善交付金とは何ですか?

A.介護職員の賃金改善のために設けられた制度です

直接介護を行っている者へ雇用形態問わず支給されます。支給方法は定期昇給や手当など事業所によって異なります。

Q.処遇改善交付金がもらえてないのですが…

A.いくつか可能性が考えられます

処遇改善交付金は直接介護を行っている者への支給のため管理者やケアマネージャーは対象外となります。

また、届けての手続きが煩雑のため、小規模な事業所ほど手続きに割く時間がなく処遇改善加算の取得のための届け出を出せていないという場合もあります。

求人内容に処遇改善交付金が明記されているというのも選ぶポイントの1つと言えますね。

介護の仕事の求人を探しているときに役立つコラム

介護のしごとと聞くと世間一般のイメージとしてしごとはハードで時間の自由が利かない、夜勤がある、長時間に及ぶ労働というあまり良くないイメージがあるとおもいます。そのイメージを持っているからか、できれば夜勤はやりたくないなぁ、日勤だけって無理なのかなぁと思った方、結論を言うと日勤だけの働き方もできます。


求人ホームページなどを見るとわかることですが昼間だけやっている施設で働けば、何か特別なことが起きない限り基本的に夜勤はありません。また、1日中開いている有料老人ホームでも条件交渉をして許されれば日勤だけ働くという働き方も十分可能です。



就職活動で志望者の多い事務ですが、大企業(会社ともいわれます。


営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)だけを受けていませんか?少子高齢化の影響でここ数年、介護施設が増えていて事務員の求人がおこなわれていることも多いです。業務内容も来客受付や電話応対、備品の確認・発注や請求書の発行など他の企業(会社ともいわれます。
営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)と変わらない経験を積めます。



また、介護業界ならではの部分として、事務系資格以外の介護福祉士やケアマネジャーなどの介護に関する資格を取得した際には事務資格手当の他に介護系資格に対する手当が支給されます。

その資格を取るための支援も行っていることが多いのでがんばり次第で給与・所得を増やすことができるのです。
認知症の親や配偶者を介護している人の中には、「深夜に家を出て行ってしまい裸足で徘徊したことがあったので、目を離せない」と思われている方もいるのではないでしょうか。そのような方にお勧めなのがグループホームです。グループホームとは痴呆性疾患の方を対象にした少人数でいっしょに生活を送る施設のことです。


地域に特化したサービスなので入居条件に施設と同一地域内に住居と住民票がある必要があります。



日本では高齢者が増えているという現状があり、グループホームの求人も増えています。自分の夢のためにお金を貯めたい、自分の趣味の時間をできるだけ取りたい、という方に良さそうなしごとが特養をはじめとした24時間開いている介護施設での夜勤です。
求人情報を確認すると時給制の施設の場合、基本給の他に夜勤手当が1勤務あたり3000から8000円支給、時給制ではない場合、日給25000円の募集などがあります。また、自力で所得を増やす方法として所持している資格によって手当が支給されることも多く、資格取得を積極的に支援してくれる企業(会社ともいわれます。



営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)がとても多いです。
実際に、夜勤専従で働いている方の中には、月に10日前後勤務して残りは自由に過ごしている方もいるようです。


しごとをする上でキャリア形成って気になりますよね。
キャリアアップすると具体的に給与が上がるなど評価もアップします。

具体的な手段としては資格を取る、転職するなどがあります。



特に、介護業界はその傾向が強いようです。手始めに、初任者研修・実務者研修を受講して資格を取得する。

生活相談員の条件を満たして入所から実生活までの相談や援助をする。

要介護者の介護プランを制作するケアマネージャーの資格を取得する。など、資格を取得することでキャリアが上がるので給与面での評価がアップします。

また、転職するために求人ホームページを利用すると資格があればケアマネとして職に就けるなどの選択肢が人がります。

人の役にたつしごとをしたい、という気もちから介護士を目指す人が増えています。
どんなことでも初めてやることは大丈夫かな?と不安を少しは感じてしまいますよね。
でも安心してください。
求人情報を調べてみると未経験・無資格でもOKという企業(会社ともいわれます。
営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)・施設が多く、働きながら資格取得支援を応援している会社も多いです。



少子高齢化により介護のしごとの求人は多いので自分の条件に合った会社・施設を吟味して捜すことができるのです。また、事前に職場見学を指せてくれる企業(会社ともいわれます。営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)もあるので実際にしごとのイメージを確認してから応募する事もできます。

お金がほしいけど自分の趣味も大切にしたい、そういった方が考えるのが夜勤でしごとをすることですが介護のしごとをお勧めします。
求人情報を見るとしごと自体は忙しそうですが夜勤をすると手当がつく企業(会社ともいわれます。

営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)が多く、基本給に加え1夜勤あたりだいたい3000から8000円くらい支給されます。



また、持っている資格により支給される資格手当が別途もらえます。
また、所持している資格により支給される資格手当ももらえます。老人ホームをはじめとした24時間体制で介護を行なっている施設では、夜勤のみ働く夜勤専従スタッフを募集しているケースもあります。
勤務サイクルが一定であることから夜勤専従という勤務サイクルが変わらず一定であることから夜勤専従という夜勤専従という選択肢を選ぶ人も増えてきています。

しごとを捜す時によく利用する大手求人ホームページですが、不必要な業種が多すぎて、要望のしごとが検索しにくい、そもそも載っている件数が少ない、といったことはないですか?その業種に特化したホームページの利用をお勧めします。
介護業界については専門ホームページの方が大手ホームページよりもけい載数が多いかもしれません。

一方で、介護をあつかう転職ホームページの中には実際の職場を見学できるホームページもあり、設備やサービス、職務内容、どのような患者さんが入院しているかなど職場の雰囲気をあらかじめ確認できます。このようなホームページの中には顔なじみの企業(会社ともいわれます。
営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)もあり、面接にたち会っているエージェントもいるのでどのような質問が多いかをリサーチするのも良いでしょう。

このまえ、介護士の知り合いに話を聞く機会がありました。



介護関係のしごとについて初めて知ったのですがスキルアップのために転職しやすい職業のようです。話によると、介護の職場では女性が多いので女性でもスキルアップやステップアップを考えた際に性別が関係なく会社側でキャリア形成につながる資格取得の費用を負担してくれるなど色々な援助を設けている会社が多いそうです。



また、人手不足といわれているのを聞いたことはないでしょうか。

人手が足りていないということは常に求人がされていてかつ採用もされやすく資格を持っていればUターン、Iターンしても職探しに困りません。


数年後に訪れるであろう親の介護を見据えて手に職として介護を始める40代、50代の方が増えています。普通の求人ホームページだと40代、50代の求人はナカナカ見つけられませんがヘルパーや介護の世界では、年齢はあまり気にしなくてもよいかと思います。


新卒と40代、50代で介護を始めた人とで利点が違うからです。たとえば、利用者のほとんどは高齢者となりますので、孫ほど若い人に対して頼み事・お願いをするのに躊躇してしまうことがあります。
それに対し、ある程度年齢を重ねている方に頼む場合、親子のような距離感で付き合いやすいということもあります。

介護の仕事の求人を探している際のお役立ち情報

徹底的なお客様目線No.1!

介護の仕事の求人といえばココ!